【食宅便(食卓便)】評判&口コミは?安くて使い勝手抜群!注文~実食まで写真つきで紹介

投稿日:2017年9月13日 更新日:

食宅便は、病院・福祉・保育施設への配食でシェア1位を誇る日清医療食品が提供しています。

長年にわたって医療施設向けに配食してきただけあって、カロリーや塩分、たんぱく質にいたるまで、きめ細かく考えられたメニューが自慢です。

メニューを考えるのは、食宅便の9000人を超える管理栄養士さんたち。

だいすけ
9000名の管理栄養士さんたちが食卓をサポートしてくれるって、すごいですよね。

時短・ダイエット・療養など、あらゆるニーズにこたえる細かいコース設定。

電子レンジで解凍わずか5分!超・時短の宅配弁当「食宅便」について、詳しくご紹介します。

「食卓便」ではないんですね?
ゆいこ
だいすけ
はい、「食宅便」が正しいです。自宅の食卓で使うので「食宅便」です。

目次

食宅便(食卓便)の特徴

特徴まとめ

  • 管理栄養士監修の栄養バランスに配慮したメニュー
  • 常時300種類、和洋中のバラエティに富んだメニュー
  • 時短・療養・ダイエット他、どんなニーズにも対応する豊富なコース
  • 宅配弁当の中では最安値レベルで気軽に使いやすい
  • 定期購入と単発のスポット購入を選べて使い勝手がいい
だいすけ
実際に、食宅便を14食セットで注文してみました!

食宅便を実際に頼んで徹底レビュー!

だいすけ
食べるところを先に読みたい方はこちらをご覧ください!

食宅便の注文からお届けまで

食宅便は、1食あたりの商品の単価が安く、しかも送料が1回390円と安めの設定です。

続きを読む
だいすけ
食宅便は、宅配便で届くサービスの中では最安値レベルです。

定期購入は配達のペースをカスタマイズできて、単発でのスポット購入でもOK。

食宅便の送料を安さを生かすために、7メニュー×2人分の合計14食セットで注文しました。

あらかじめ7個のメニューがセットになった「おまかせコース」も選べますが、自分で好きなメニューを選びたいので、今回は「おこのみセレクト」を単発のスポット購入で注文。

だいすけ
40種類のメニューの中から、自分の好きなものを7種類選びます。

「おこのみセレクト」2人分を注文するときは、1人分をお買い物かごに入れてから、あらためてメニュー選択画面に戻って選び直すと、2人分注文できます。

一方「おまかせコース」は、メニューを選んだあと、何人分の注文にするかを選びます。

7食すべてちがうメニューにする必要はなく、7食の中で、同じメニューを複数食選ぶこともできます。

ヤマトなので日時指定ができます。不在のときは不在票で再配達になります。

注文から4日後に、ヤマトのクール便で届きました!

1箱7食分×2箱です。

2箱までなら送料390円で届けてくれます。

合計14食分を冷蔵庫に収納

段ボールを開けてみると、1つの箱の中に、カタログや納品書と一緒に、7食分のパッケージがこのように入っていました。

続きを読む

出してみると…14食分でこれぐらいです。

ファミリー使用の冷凍庫ですが…14食分ともなると、かなりスペースを取ります。

冷凍庫の引き出しトレーまで動員して、どうにか収まりました。

だいすけ
さすがに14食となると、事前に冷凍庫のスペース調整は必須ですね。

食宅便の食事セットは、冷凍庫にいったんストック。必要なときに取り出して使います。

まるわかり!食宅便を実際に解凍してから食べるまで

食宅便を職場のランチとして持っていく

夫婦それぞれ、自分の職場にランチとして食宅便を持っていくことに。

だいすけ
もちろん自宅で簡単に使えるのが食宅便のいいところですが、応用編として、こういう使い方も出来るんです。
続きを読む

持っていったのは「親子煮と鰤(ブリ)の照焼きセット」です。

冷凍庫から取り出し、夫は保冷バッグに、妻はそのままビニル袋に入れて持っていきます。

妻の通勤時間は30分以下。真冬なので通勤中に溶けることはありません。

それぞれ出勤したら、すぐに職場の冷凍庫に入れておきます。

おかずセットだけでは足らないので、タッパーにご飯も入れていきました。

本当に電子レンジで5分解凍するだけで完成

お昼になったので職場の電子レンジで解凍。

パッケージの右下の角をちぎって穴をあけ、電子レンジへ。

パッケージに書かれた規定時間では、パッケージの底面がまだ冷たかったので、30秒くらい追加で温めました。

パッケージに書かれた解凍時間はあくまで目安なので、適宜調整しましょう。

解凍した後のパッケージのビニル袋は、手では破れませんでした。

無理に引き裂こうとすると、勢いあまっておかずがバラバラに飛んでいきそうです。

ハサミでビニル袋を切って、中のパッケージを取り出しました。(ハサミは必須です)

実食!…品数・食材の品目数・食べ応え十分!

全部で5品ものおかずがセットに

パッケージの中のトレイを取り出すと、お弁当型のトレーに5種類のおかず。

今日のメニューは「親子煮とブリの照焼き」です。

親子煮とブリの照焼き
  1. 主菜1:親子煮(鶏肉と小ネギの卵とじ)
  2. 主菜2(副菜):鰤(ブリ)の照焼き
  3. 副菜:肉じゃが
  4. 副菜:小松菜としいたけのお浸し
  5. 副菜:きんぴらごぼう

主菜が2つ!?鶏肉とブリの2枚看板

開けて目を引くのが、親子煮(鶏肉と小ネギの卵とじ)と、鰤(ブリ)の照焼きという、主役クラスのおかずが2つ入っていたこと。

自分で用意したご飯と一緒に、いただきます。

今日の主菜、これが親子煮です。やや甘めの味付け。鶏肉はプリプリです。卵とよくからみ合っています。

ところが電子レンジでまだ加熱が足りなかったのか、食べてみると、いちばん大きい鶏肉の真ん中が、若干冷たいままでした。

もうお腹が空いているので、このまま食べることにします!

のぞみ
電子レンジの性能にも左右されるかもしれません…

すべてのおかずが同じ時間だけ電子レンジで温められてしまうので、最適な温め具合になるメニューを作るのは、難しそうですね。

もう一つの主菜がブリの照焼きです。

定食屋で食べる「ブリの照焼き定食」に比べると切り身は小さいですが、身はしっかりしており、歯ごたえがあります。

醤油とみりんで味付けされた、ザ・ブリの照焼き。

中までしょっぱい味がしっかり染みています。

副菜は全体に甘めのおかずが多い印象

他の副菜も見てみると、肉じゃがには細かい牛肉も入っていました。

全体にみりんの効いた甘めの味つけ。

じゃがいもにはさすがにホクホク感まではなく、定食屋で食べるような「肉じゃが定食」には負けますが、お腹の足しにはなるかんじです。

小松菜としいたけのお浸しには、柚子の皮の破片がまぶしてあり、これがアクセントになっていい味出しています。

ちなみに今日のおかずで葉物野菜は小松菜だけ。

葉物野菜は、お弁当でたくさん摂るのはさすがにむずかしいですね。

きんぴらごぼうは、噛み応えがあって味の濃い、ご飯の進むような家庭仕様のきんぴらごぼう…ではありません。

そのようなきんぴらごぼうをイメージしていると、ごぼうの歯ごたえがないので物足りなさを感じます。

かなり甘め&薄味に炊いてあり、ごぼうも人参もしなしなで柔らかく、むしろ箸休めの役割のようでした。

おかずごとの味の役割が明確

今日のおかず全体を見ると…ブリの照焼きが「しょっぱい味担当」で、「親子煮」「肉じゃが」が「甘み担当」、「小松菜のお浸し(柚子風味)」が「アクセント(変化をつける)」、きんぴらごぼうが「箸休め」というかんじでしょうか。

カロリーを抑え、パッケージに収まるメニューという制約の中で、ちゃんと工夫されています。

だいすけ
栄養バランスだけではなく、味のバランスまで考えられているんですね。

全般に甘めのおかずが多いのは、塩分を抑える制約があるからかもしれません。(ブリの照焼きで塩分許容量の多くを使っているかも?)

ボリュームはほどほど…よく噛むこと&ご飯の量を調節して満腹感を

満腹感でいうと、牛丼やラーメン、コンビニ弁当などに比べると、お腹は物足りないかもしれません。

↑こういうメニューは、糖質と脂質をドドドっ!とかき込むように食べて、一気にお腹を満たすメニューなので、比べることにそもそも無理がありますが…

食宅便のおかずセットは、コンビニの弁当よりも品数が多いし、一品一品をよーく噛んでしっかり味わって食べるのに向いています。

ただ、女性にとっては、

「わたしはこれでお腹いっぱいになったよ~」

「女性ならこれで十分じゃない?」

「男の人も、ご飯いっしょに食べれば足りるんじゃない?」

…という声が聞こえてきました。

だいすけ
あとは自分で用意するご飯(炭水化物)の量で調整するといいでしょう。

今回のメニューは総カロリー235kcal。

ご飯をプラスすると…

ご飯茶碗が軽く1杯(約150g)で約250kcalです。どんぶりなら400kcal。

これだけで、一食の合計カロリーはそれぞれ485kal、635kcalになります。

(ちなみに食べても燃焼されなかった分のご飯(炭水化物)は、後で脂肪に化けます…)

自分の基礎代謝量などを考えながら、ご飯の量を調節するといいでしょう。

たんぱく質をしっかり摂れるメニュー

パッケージに書いてある、栄養成分表示をチェックしてみましょう。

食品添加物が使われているのは、まぁ仕方ないですね。

注目ポイントはたんぱく質の多さです。

品目でいうと、肉・魚・卵など。

今回のメニューのたんぱく質は、24.2g!!

だいすけ
1食でこれだけしっかり摂れるのはすばらしいですね!

最近ではダイエットの現場でも、ただ食べる量を減らせばいいというものではなく、たんぱく質をしっかり摂取することが大切なのだと知られるようになってきました。

厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」によると、成人一人の一日あたりたんぱく質摂取の推奨量は、男性で約60g、女性で約50gとなっています。

1食あたり、たんぱく質を約20g前後摂る必要があります。

必要なたんぱく質の量は年をとっても変わらないので、年齢にかかわらず、摂るべきたんぱく質はしっかり摂っていく必要があります。

今回のメニューは、主菜だけでなく副菜にまでたんぱく質が含まれています。

だいすけ
摂るべきものはちゃんと摂る!という食宅便のポリシーが、はっきりと伝わってきます!
【今日の栄養データ】
カロリー 235kcal
塩分 2.8g
たんぱく質 24.2g【注目!】
脂質 8.4g
炭水化物 15.3g

使われている食材は17品目!

おかずの品数は5種類でしたが、使われている食材を数えてみると…なんと17品目もあります!

  • 鶏肉
  • ブリ
  • 玉ねぎ
  • 小松菜
  • じゃがいも
  • 人参
  • 牛肉
  • ごぼう
  • サヤインゲン
  • 油揚げ
  • 白滝
  • ねぎ
  • キヌサヤ
  • ゆず皮
  • おろししょうが
  • 乾燥しいたけ

これだけの品目を使ったおかずを自分で作ろうと思ったら、1時間あっても無理です。

だいすけ
これだけたくさんの品目を少しずつバランスよく使って1食のパッケージになっているのは、冷凍弁当の大きなメリットですね。

この内容が、電子レンジ5分の解凍で食べられるわけですから、単なる時短以上の効果があります!

食宅便の他のメニューも見てみましょう。

餃子のカニあんかけ

餃子あんかけ全体

メニュー
  1. 主菜1:餃子のカニあんかけ
  2. 主菜2:豚肉と卵の中華炒め
  3. 副菜:ささみと蓮根の中華和え
  4. 副菜:ツナとキャベツのカレー和え
  5. 副菜:レッドキドニーの甘煮

豚肉やカレー和えなどボリュームを増やせば主役になれそうなメニューが多くありました。

食べ終わった後のしつこさは感じなかったので、あっさりめの中華弁当という印象でした。

ハッシュドビーフ

食宅便ハッシュドビーフ全体

メニュー
  1. 主菜 1:ハッシュドビーフ
  2. 主菜2:帆立のハーブガーリック
  3. 副菜:ほうれん草とベーコンのソテー
  4. 副菜:ツナポテト
  5. 副菜:旨み昆布キャベツ

ハッシュドビーフの味が濃く、今回のメニューは残念な印象になってしまいました。

海老グラタン

食宅便マカロニグラタン全体

メニュー
  1. 主菜1:海老グラタン
  2. 主菜2:肉団子の照焼きソース
  3. 副菜:春雨の麻婆ソース和え
  4. 副菜:いんげんと油揚げのお浸し
  5. 副菜:カレー豆

主菜2つが美味しかったので、満足度の高いお弁当でした。

治部煮

治部煮全体

メニュー
  1. 主菜1:治部煮
  2. 主菜2:あさりと野菜の卵とじ
  3. 副菜:キャベツとツナの炒め物
  4. 副菜:薩摩芋のレモン煮
  5. 副菜:なめ茸おろし

しょっぱいメニューと甘酸っぱいさつま芋のおかげで、味のバランスが取れていました。

治部煮やさつま芋は下ごしらえの時間や味が染みるまで煮る時間を考えると、自分でゼロから作っていたらかなりの時間がかかります。

今回のような「ゼロから作っていたらとても時間のかかるメニュー」こそ、冷凍弁当の時短のすごさがハッキリ現れると思います。

魚介の味噌バター風味

食宅便魚介の味噌バター風味全体(ななめ)

魚介の味噌バター風味
  1. 主菜1:魚介の味噌バター風味
  2. 主菜2:ウインナーと大根のブイヨン煮
  3. 副菜:いんげんの胡麻和え
  4. 副菜:白菜と卵の煮物
  5. 副菜:カリフラワーのさっぱり煮

「魚介の味噌バター風味」は期待通りの美味しさでした。

食宅便の中でも和食系、特に魚系は美味しいので、手堅く美味しいメニューを選ぶためのポイントかもしれません。

鯖(サバ)の胡麻照焼き

メニュー
  1. 主菜1:鯖(サバ)の胡麻照焼き
  2. 主菜2:鶏肉の水炊き風
  3. 副菜:たらことマッシュポテト
  4. 副菜:ふろふき大根
  5. 副菜:大豆昆布煮

サバと鶏肉のダブル主菜はどちらも単独で主役を張れそうな美味しいおかずでした。

他の副菜ももっと味が薄ければ…濃ければ…というものはありましたが、あくまで個人の好みの範囲内です。

主菜二つが両方とも美味しいと、それだけでメニュー全体が美味しく感じられました。

コンビニ弁当や外食の全面置き換えOK!

食宅便の冷凍弁当は、自分でご飯を用意する必要はあります。

言い換えれば、必要な栄養とバランスは食宅便で確保しつつ、カロリーは持っていくご飯の量で自由に調節できるとも言えます。

コンビニ弁当や外食では、糖質・脂質・塩分の取りすぎになりがちですが、それに比べれば、食宅便の方がはるかにヘルシーです。

帰宅途中にいつも買って帰るぐらいなら、食宅便の方が健康的かな~
しんじ
だいすけ
食宅便は、ファミリーユーザーだけでなく、一人暮らしの方にもおすすめですよ!

あとは、おかずだけで1食あたり560円(税込)という価格をどう見るか。

7食セットでは、送料(1回390円)込みでも1食あたり616円(税込)に抑えられ、冷凍弁当としては屈指の安さ。

外食よりはずっと安く済みますし、コンビニでもいろいろな物を買い足していったら、あっという間に616円では済まなくなります。

時短といえばまず夕飯が思い浮かびますが、日中の活動時間にしっかり食べる大切さを考えたら、ランチとして食宅便を活用するのも十分ありだと思います!

食宅便を使うと何がどう変わる?メリットとデメリットを考える

時短効果は夕飯に効く

時短効果とヘルシーさを求めるなら、夕飯の食卓に使うのが、本来の使い方かもしれません。

帰ってきてから夕飯の支度に時間がかかると、それだけで生活時間が後ずれしてしまうものです。

だいすけ
保育園の連絡帳に、子供の本当の就寝時間を書きたくない…そんな思いをしたことのある共働き育児ファミリーもいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん時短効果はファミリー層だけのものではありません。

育児の手が離れた夫婦や、一人暮らしの方にとっても、時短のメリットは平等です。

時短するならむしろ朝食に?

時短の必要度でいえば、朝食に食宅便を出動させるのもアリかもしれません。

ドタバタと出勤や登園・登校の時間に追われるのはむしろ朝です。

健康のためにはむしろ朝と昼にしっかり食べて、活動エネルギーを得た方が、日中のパフォーマンスが上がるでしょう。

朝、簡単にご飯と味噌汁とか、パンと牛乳と目玉焼きだけにするぐらいなら、食宅便でしっかり食べる。

朝の洗い物はほとんどなし、パッケージと容器を捨てるだけというのも一つの作戦ですね。

だいすけ
朝の時短は、それだけで軽く他の家事を済ませる時間を生み出してくれるんです。

ならばむしろ朝にこそ食宅便を出動させるという使い方もありです。

食宅便の口コミ・評判まとめ

食宅便は、すでに各地であらゆる方が使っているようです。その評判を見てみましょう。

「味は悪くない」

だいすけ
そうですね、冷凍だからといっておいしくないわけではありません。といいますか、普通に美味しかったです。

「コンビニ弁当よりは美味い」

コンビニ弁当は手っ取り早くお腹が膨れることが大事で、味は二の次になってしまいますよね。

だいすけ
コンビニ弁当ほどのボリュームはありませんが味は明らかにコンビニ弁当に勝っています。量は自分で用意する白ご飯の量を調節できます。

糖質制限食を自分で考えて作るのは簡単ではありません。

食宅便は通常メニューでもカロリーには配慮。

しかも低糖質に特化した「低糖質セレクト」も用意されています。

だいすけ
自分で作るのが難しいメニューほど、食宅便が活躍しそうですね。

そのような食事が電子レンジで完結するのは楽ちんですね。

だいすけ
自分で作ったご飯より美味しいのは、複雑な気持ちかも…

自炊は「自分で作ったから」美味しいという面が大きいかもしれません。

あまり使わないでいると冷凍庫があふれそうに…?

そういうときは配達ペースの見直しをするとフィットするかもしれません。

食宅便の配達間隔は「毎週」「隔週」「4週間に一度」から選べます。

だいすけ
定期便ではなく、毎回単発のスポット注文で7食セットを買うのもありですね。

そう、食宅便は1食あたりの品数が多いんです。

だいすけ
1食で20品目というのは、自分で作っていてもなかなかできることではありませんよ~。

ツイッター上の口コミでは、

  • ダイエットなど食事制限をしている方
  • 留守中の家族の食事
  • 産前産後の食事
  • 忙しい時の食事

など、いろいろな場面で利用されていました。

今や普通に家庭の中であらゆるシーンに浸透しているんですね。

味も美味しく、リピート利用している方も多いようですが、野菜メニューが多めなので、がっつりしたものをたくさん食べたいという方からは少々不評なようでした。

一度に7食分送られてくるので、あまり食べずに次の配送日を迎えてしまうと、冷凍庫の中がお弁当であふれて困るという意見も見受けられました。

だいすけ
定期購入の場合は、配送間隔の変更や、配達の休止(スキップ)もできるので、うまく活用していきたいですね。
宅配おかずを使いこなそう!失敗しない定期購入とスポット(単発購入)の活用術

宅配弁当・宅食(食事宅配)の購入方法には、「定期購入」と「スポット(単発)購入」の2種類があります。 食事宅配をムダなく上手に使いこなすために、それぞれの特徴と注意点を見てみましょう。 定期は自動的に ...

食宅便の感想まとめ
  1. 時短効果は想像以上で気持ちに余裕が生まれる
  2. メニューが豊富なので飽きない
  3. 味は冷凍食品を感じさせないレベル
  4. 味つけの傾向は全体にやさしめ&主菜はしっかり
  5. 注文方法と注文食数、冷凍庫のスペース管理は必須

まずは「おこのみセレクト」か「おまかせコース」を1回

食宅便を試してみたい!という方は、いきなり定期コースを申し込むのではなく、まずは自分で好きなメニューを選べる「おこのみセレクト」か、メニューはおまかせの「おまかせコース」単発で1回だけ注文して、使い勝手を試してみるのがおすすめです!

食宅便はここがちがう!食宅便を選ぶ5つの理由

(1)1食あたりの価格が安い!

「税込・送料込」の「本当の価格」を比べてみると、食宅便の安さが目立ちます。

今回注文した「おこのみセレクト」でも「おまかせコース」でも、食宅便なら1食あたり600円台に収まります。

私たちが調べた「本当の価格」が安いランキングでも、食宅便の各コースは軒並み上位にランクインしました。

宅配便を利用するサービスでは「ベルーナグルメ宅菜便」の定期コースが1食500円台ですが、届く時期が月の中旬or下旬に固定されており、10食セットの使いどころは、食宅便ほど細かくはカスタマイズできません。

だいすけ
ここぞというところで秘密兵器的に使うなら、食宅便の安さとカスタマイズしやすさは、とても助かります。

(2)選べるメニュー&1食の品数が豊富

食宅便のメニューは、1食につき主菜1品&副菜3~4品と、宅配弁当・宅食(食事宅配)の中では多い方です。

和洋中さまざまな週替わりメニューが食卓を助けに来てくれます。

自分で主菜&副菜3~4品を(短時間で)作れるかというと(…)

定期購入はおまかせメニューとなりますが、そもそもおまかせメニュー自体が週替わりなので、「今週もこのメニューかよ…」ということが起こりません。

(3)電子レンジですべてが完結

トレー型のパッケージを電子レンジで解凍5分。

これが食宅便の準備のすべてです。

何も難しいことはありません!

トレー型のパッケージに収まっているので、ゴミも最小限です。

(4)定期購入も単発のスポット購入もOK

食宅便の各コースは、定期購入「らくらく定期便」も、単発のスポット購入もOKです。

らくらく定期便は、配達の間隔を自分で調整できるので、自分の使うペースに合わせたカスタマイズがしやすいです。

一時的に配達を停止するスキップ機能もあるので、冷凍庫の在庫が多すぎる…というときも調整しやすいです。

らくらく定期便の配達間隔
  • 毎週お届け
  • 隔週でお届け
  • 4週間に1回お届け

(5)あらゆるニーズに対応する豊富なコース

食宅便には、目的によって細かく分かれた多くのコースが用意されています。

時短からダイエット、病気療養まで、必ず目的に合ったものが見つかるはずです!

【食宅便のコース一覧】
おこのみセレクト(7食セット)
自分で好きなメニューを7食選べる基本コース。
【スポット購入】
おまかせコース(7食セット)
 週替わりのおまかせメニュー7食セット
【スポット購入&らくらく定期便】
低糖質セレクト(7食セット)
 特に糖質のカットに力を入れた低糖質弁当
【スポット購入&らくらく定期便
ケアシリーズ(7食セット)
充実した制限食のコース各種
塩分ケア
カロリーケア1200
カロリーケア1600
たんぱくケア
やわらかい食事「あい~と」
【スポット購入&らくらく定期便】
はらすまセット
メタボ脱却!日々の生活習慣を管理するシステム付きの食事セット。ネット環境と体重計も動員してダイエット管理!
・食宅便withはらすまダイエット1200
・食宅便withはらすまダイエット1600
【スポット購入&らくらく定期便】
おうちdeヘルシー丼
丼ものや麺類など単品で頼めるヘルシーな一品もの。
【スポット購入】
逸品おかず
単品で注文できるおかず4品セット。和洋中のセットから選べる。
【スポット購入】

食宅便の豊富なコースを徹底解説!

「宅配弁当・宅食(食事宅配)に求めるものは、必ず食宅便で見つかる」

と言ってもいいぐらい、食宅便のコースは充実しています。

食宅便の全コースについて、徹底解説します。

おこのみセレクト

和洋中のメニュー約40種類から、自分の好きなものを7食選ぶ基本コースです。

スポット購入専用で、とりあえず食宅便を試してみるのに向いています。

おまかせコース

週替わりのメニュー7食セットが届く基本コースです。

「コース」とありますが、スポット購入でも「らくらく定期便」でも注文できます。

低糖質セレクト

もともと食宅便のメニューはカロリー・糖質控えめですが、さらに糖質カットに力を入れた7食セットです。

本格的に糖質制限を始めたいときにおすすめです。

スポット購入でも「らくらく定期便」でも注文できます。

ケアシリーズ

塩分やカロリー、たんぱく制限(腎臓病)など、細かく設定された5種類の制限食コース7食セットです。

プロの力を借りずに、自分でこのような制限食を毎日作り続けるのは、現実的ではありません。

食宅便のケアシリーズを使えば、難しい制限食づくりも、電子レンジ約5分で出来てしまいます。

食宅便を提供している日清医療食品は、医療施設向けの食事サービスでトップを走っていました。

そのクオリティを家庭でも味わえるように工夫されたシリーズです。

どのコースも、スポット購入でも「らくらく定期便」でも注文できます。

塩分ケアコース

1食あたり塩分を2.0g以下に抑えた減塩食メニューです。高血圧などで減塩の必要がある方におすすめです。

カロリーケア1200コース

1食あたりの想定カロリーを約400kcal以下に抑えた低カロリーメニューです。※ご飯100g(こども茶碗1杯)とおかずの合計

カロリーケア1600コース

1食あたりの想定カロリーを約530kcal以下に抑えた低カロリーメニューです。※ご飯150g(茶碗普通盛り)とおかずの合計

たんぱくケアコース

たんぱく質を約13g以下に抑えた低たんぱくメニューです。腎臓病など、たんぱく質の摂取に制限がある方向けにおすすめです。※ご飯150g(茶碗普通盛り)とおかずの合計

食宅便の通常メニューは、たんぱく質をしっかり摂ることに力を入れていますが、たんぱくケアコースでは、逆に、たんぱく質を控えめに設定しています。

やわらかい食事「あいーと」

噛む力や胃腸に不安のある方向けに、舌で崩せるぐらいやわらかく調理されたおかずのコースです。

とはいえ、肉も魚も野菜も、見た目は普通の料理のままで、食べてみると、やわらかく溶けるように食べられるようになっています。

はらすまセット

メタボ脱却!苦しい運動や、厳しい食事制限をすることなく、生活習慣病のリスクを低減します。

株式会社日立製作所が従業員向けに開発したプログラムで、食宅便は食事面からダイエットをサポートします。

食宅便の毎週/隔週の7食セットを使い、食事については1日3食のうち、夕食を「食宅便」に置き換えるだけです。

カロリーがしっかりコントロールされている食宅便のメリットが生かされています。

ネット環境と体重計を動員して、日々の食事や行動、体重を記録し、ダイエットを成功に導きます。

おうちdeヘルシー丼

親子丼、中華丼、ドライカレー、ビビンバ、ひれカツ丼、焼き肉ドン、パスタ、ドリア、チャーハン…

食べ応えがありそうな一品ものの丼・麺類です。

しかしヘルシー丼という名前のとおり、野菜たっぷり、味はやさしく、ご飯には五穀米を使うなど、おいしさだけでなく、ヘルシーさにもこだわっているところが、外食やコンビニの同様のメニューとちがうところです。

5食セットで届きます。

スポット購入でも「らくらく定期便」でも注文できます。

逸品おかず

「手の込んだおかずを手間をかけずにもう1品追加したい!」

おいしさ、ヘルシーさにこだわった、手間をかけて作りづらい料理を4品セットで注文できます。

洋食セット、中華セット、和食セットがラインナップしています。

食宅便の注文と配送について

食宅便の注文方法と配送単位について知っておくと、食宅便をうまく使いこなせます。

スポット(単発)購入の場合

最短で注文日の4日後の日時指定ができます。

即日発送ではない点にはご注意ください。

食宅便のどのコースでも、スポット(単発)購入に対応しています。

定期購入(らくらく定期便)の場合

らくらく定期便の配達間隔は、以下の3パターンから選ぶことができます。

自分の使うペースに合わせて調整できます。

らくらく定期便の配達間隔
  • 毎週お届け
  • 隔週でお届け
  • 4週間に1回お届け

配達のペースの方が早すぎて使い切れない!という場合も、スキップ機能で一時的に配達を停止することもできます。

料金は?

コースやメニューによって変わりますが、おこのみセレクト・低糖質セレクト・おまかせコースは1食あたり560円(税込)、その他の特別なケアコースは620円(税込)からになります。

【食宅便のコース別料金】
おこのみセレクト 7食 3,920円~
(1食560円~)
おまかせコース 7食 3,920円
(1食560円)
低糖質セレクト 7食 3,920円
(1食560円)
塩分ケア 7食 4,340円
(1食620円)
カロリーケア1200 7食 4,340円
(1食620円)
カロリーケア1600 7食 4,340円
(1食620円)
たんぱくケア7食 4,340円
(1食620円)
やわらか食事あいーと 7食 4,406円
(1食629円)
はらすまセット 7食 4,448円~
(1食635円~)
おうちdeヘルシー丼 5食 3,050円
(1食610円)
逸品おかず4品 2,980円
(1食745円)

商品以外にかかる費用はいくら?(送料など)

1回の配送につき送料が390円かかります。

1箱に7食分が入っており、2箱(14食分)までなら、送料390円で届きます。

受け取りの方法は?

ヤマトのクール便で届くので、お届け曜日と時間の指定ができます。

時間指定は

  • 午前中
  • 14~16時
  • 16~18時
  • 18~20時
  • 19~21時

から選ぶことができます。

不在時は再配達となります。

平日は日中仕事で不在という方も、土日や夜に届けてもらえるので、受け取りやすいです。

大量に注文する際は、事前に冷凍庫のスペースを空けておきましょう。

配達エリアは?

全国に配送可能です。

決済方法は?

クレジットカード、代金引換を利用できます。

おまかせコースのらくらく定期便の電話注文のみ、口座振替を利用できます。

食宅便をうまく利用するコツ

食宅便ポイントを貯めてグルメをゲット!?

購入金額(税別)の1%がポイントとして付与されます。

500ポイント以上たまると景品に交換できます。

商品に同封のポイント景品カタログで、ちょっと美味しいスイーツ、調理器具、そして毛ガニや高級牛肉などを選べます。

1000ポイント以上たまると商品の購入にも利用できるようになります。

「らくらく定期便」を利用すると、ポイントが通常の2倍たまります!

いきなり定期便ではなく最初は単発スポット購入で様子見を

食宅便は、すべてのコースで1回かぎりのスポット購入に対応しています。

7食セットで届くのは定期便と同じですが、7食試してみて、自分の使うペースを把握し、納得がいってからあらためて定期便を申し込むのがおすすめです。

定期便を初めて申し込むときは、念のために配達の間隔を2週間に1回にしておくといいでしょう。

だいすけ
定期便の配達ペースをゆるめに設定しておけば、7食セットを1週間で使い切れなくても、冷凍庫があふれる心配もありません。初めてのことですから、慎重に試してみましょう。
定期便を申し込んでからでも、配達の間隔を変更したり、余りがちになってきたなと思ったら配達をスキップ(休止)したり、足りないなと思ったら配達ペースを短くしてみたり、ピッタリ自分のペースに合わせて使いこなせるんですね!
ゆいこ
しんじ
コースや配達ペースをうまくカスタマイズするだけで、本当に使い勝手は変わってくるので、ぜひ試してみてくださいね。

自分の好きなメニューを1回だけ試してみたい場合は「おこのみセレクト」を。

最初から「らくらく定期便」で使ってみたい場合は、コースを選んでから「らくらく定期便」で申し込みを(配達ペース:はじめのうちは2週間に1回で)。

【食宅便の基本情報】
調理タイプ 電子レンジ
購入単位 7食セット
価格(税込) 3,920円~
1食あたり価格 560円~
1食のメニュー 主菜1品、副菜4品
1回あたり送料 390円
お試しコース -
配達方法 宅配便
配達エリア
日本全国
日時指定 可能
支払い方法 クレジットカード
代金引換

たくさん食べるほど見えてくる!食宅便の実食レポートはこちらです。

食宅便の実食徹底レポートを読む

2019/6/18

食宅便(27)<低糖質セレクト>豚肉の生姜煮とサバの胡麻だれ【実食レポート189食目】

今回の実食は、食宅便のダイエット用コース<低糖質セレクト>の「豚肉の生姜煮とサバの胡麻だれ」です。 だいすけ主菜の名前が2つ連なっています。これでもあくまでダイエット用制限食なんです。 まずは主役の豚肉。 しょうゆベースの生姜味がおいしく、ご飯にのせて丼で食べたくなってしまいました。 うま味が出たつゆで、かなりおいしいです。 もう一つの主菜「サバの胡麻だれ」は、小ぶりながらも身がギュッとしているサバに、甘じょっぱいたれがよく染み込んでおり、結構いけます。 タケノコ水煮や、今日の青物の小松菜、そして付け合わ ...

続きを読む

低糖質セレクト

2019/6/17

食宅便(26)<低糖質セレクト>タラのカニあんかけと豚肉の野菜旨煮【実食レポート187食目】

今回の実食メニューは、食宅便<低糖質セレクト>の「タラのカニあんかけと豚肉の野菜旨煮」です。 もう名前を見ただけでボリューミーさがすぐわかるような主菜の豪華ラインナップです。 だいすけタラ・カニ・豚肉…どれも主役級じゃないですか! さすがにカニの身はほとんど目立たず、あんの中に埋没しています。 しかし一口食べてみると、カニあんと名乗る通り、カニの味と香りがよみがえってきました。 もう一つの主菜である豚肉の野菜旨煮はしっかり味がついていて、限られたスペースの中でも満足のいくものでした。 主菜2つとも、それぞ ...

続きを読む

低糖質セレクト

2019/6/17

食宅便(25)<低糖質セレクト>牛しゃぶとホタテのオリーブオイル仕立て【実食レポート186食目】

今回の実食は、食宅便<低糖質セレクト>の「牛しゃぶとホタテのオリーブオイル仕立て」です。   だいすけ ホタテとオリーブオイル。 いい風味が染み出していそうで期待できますね!   牛しゃぶとホタテの主菜二本立て。 牛肉からは肉汁がじわ~と染み出し、ホタテもホタテの出汁がオリーブオイルといいバランスです。 牛肉もホタテも、どちらもボリュームアップして、それだけで主菜として食べたいくらい。 副菜のブロッコリーには、とてもガーリックの香りがするソースがかかっていて、付け合わせ以上の存在感。 ...

続きを読む

2019/6/9

食宅便(24)<低糖質セレクト>サバの塩こうじ焼きと豚肉のハーブ和え【実食レポート177食目】

今回の実食は、食宅便<低糖質セレクト>の「サバの塩こうじ焼きと豚肉のハーブ和え」です。 見た感じ、今日はあっさりめのメニューですね。 だいすけ低糖質セレクト7食セットの中でも、メニューに強弱というか変化があるようです。 塩サバは、街の定食屋のサバ定食ほどのボリューム感はありませんが、塩こうじがよくからんでいて、付け合わせの小松菜とタケノコのほっこりした感触とよく合っていました。 豚肉のハーブ和えは、パプリカとの色の対比がきれいですね。 塩こうじもハーブも、どちらも食欲を刺激してくれて、しかも広がりがあるお ...

続きを読む

2019/6/8

食宅便(23)<低糖質セレクト>タンドリーチキンとマグロの煮付【実食レポート176食目】

今日の実食は、食宅便の低糖質セレクト「タンドリーチキンとマグロの煮付」です。   だいすけ チキンとマグロ。代表的な高たんぱくメニューの組み合わせですね。 食べる前からお腹いっぱい! やはり温まりにくい鶏肉ということもあり、電子レンジで規定の時間にプラスして加熱しました。 加熱している途中で早くも、タンドリーチキンのスパイシーないい香りが部屋にただよってきます。 いや~これは神々しいお肉の輝きですね! 一口食べてみると、香辛料がよく効いたお肉のうまみがスパァ~~っと食欲を刺激してくれます。 もっ ...

続きを読む

2019/6/7

食宅便(22)<低糖質セレクト>鶏肉のレモンペッパー焼きと鱈のトマト煮【実食レポート175食目】

今回の実食は、食宅便の低糖質セレクト「鶏肉のレモンペッパー焼きと鱈のトマト煮」です。 だいすけ低糖質でも主菜2品なのが食宅便の特徴なので、今日もメインのお肉が楽しみです。 今日はメインが鶏肉ということもあり、ラベルに書かれている規定時間ではまだお肉が冷たく、1分以上、電子レンジの加熱を追加しました。 このあたりは本当に電子レンジの性能や、食材との相性にもよるので、むずかしいですね。 ようやくお肉が完全に温まったので、いただきます。 メインの鶏肉を一口食べると・・・レモンの酸味と、胡椒の香りが口の中に広がり ...

続きを読む

食宅便低糖質セレクト

2019/4/16

食宅便(21)<低糖質セレクト>カジキのネギ塩だれと鶏肉のガーリック醤油【実食レポート132食目】

今日の実食は、食宅便の低糖質セレクトの「カジキのネギ塩だれと鶏肉のガーリック醤油」です。 だいすけメニューの名前だけ見たら、これが糖質制限食だなんて信じられません! 主役のカジキのネギ塩だれは、カジキの身にボリューム感があるため、なかなか完全には解凍されません。 20秒、30秒単位から1秒単位で加熱を繰り返して、ようやく全体がホカホカに温まりました。 主役のカジキの上には、ネギ塩だれ。 素朴ですが手堅い味付けで、十分なしょっぱさがあって、下に敷いている小松菜とよく合っています だいすけ町の定食屋で出てくる ...

続きを読む

食宅便鶏肉のハーブガーリック

2019/4/15

食宅便(20)<低糖質セレクト>鶏肉のハーブガーリックと鮪の生姜煮【実食レポート131食目】

今日の実食メニューは「鶏肉のハーブガーリックとまぐろの生姜煮」です。 だいすけ食宅便ではおなじみ、肉・魚の2つの主菜が楽しみです。 鶏肉は解凍されにくいので、規定の時間からさらに延長して解凍。600Wで5分ほどでホカホカになりました。 鶏肉にはごろごろ感があり、パプリカの赤と黄色がきれいですね。 ハーブの香りと、パンチの効きすぎないやさしい風味のガーリックが調和していて、もっとたくさん食べたいなぁ…と思いました。 もう一人の主役、マグロの生姜煮は、鶏肉に合わせた解凍時間にしたので、ちょっと固くなってしまい ...

続きを読む

食宅便豚肉のみそ炒め全体

2019/4/10

食宅便(19)<低糖質セレクト>豚肉の味噌炒めとオクラの海老の和風だし【実食レポート129食目】

今日のメニューは食宅便の低糖質セレクト「豚肉の味噌炒めとオクラの海老の和風だし」です。 だいすけ見た目は全体に茶色と緑の「ザ・和食」です。 食宅便は、以前のタイプからパッケージが一新され、おしゃれなデザインに変わりました。 500Wの電子レンジでは約4分ですが、使う電子レンジは600W。 出力は600Wで1.2倍なので、所要時間は逆に1.2で割ります。 240秒(4分) ÷ 1.2 = 200秒(3分20秒) これでもまだお肉が冷たかったので、温まり方を確認しながら10秒×3回温めを追加しました。 主菜の ...

続きを読む

2019/3/25

食宅便(18)<低糖質セレクト>鶏肉の時雨煮と鮭の塩焼き【実食レポート125食目】

今回の実食レポートは、食宅便<低糖質セレクト>の「鶏肉の時雨煮と鮭の塩焼き」です。 だいすけ今回の食宅便も、主菜が2品ついてきてボリューミーです。 電子レンジで解凍すること約5分で出来上がりです。  冷凍庫の中で立てて保管していたため、開封前におかずの一部がトレイから落下して、隣のおかずに入ってしまいました。 和風で統一されたメニューなので、大したことはありません! 食宅便の低糖質セレクトコースは、1食の平均糖質量を5g台に抑えた特別コースです。 他社の糖質制限コースですら、だいたい1食15g程度なので、 ...

続きを読む

2019/3/22

食宅便(17)<低糖質セレクト>赤魚のアボガドソースと豚肉のソテー【実食レポート124食目】

  「赤魚のアボガドソースと豚肉のソテー」で食宅便の低糖質セレクトもついに最後になりました! ゆいこ前回の牛肉メニューが美味しかったので、今回も期待できそうです。 規定の時間温めると全体的に温まっていました。 さっそく食べてみましょう。 まず、メインの「赤魚のアボガドソース」です! 魚にアボガドソースをかけるなんて新鮮な味付けですね。 アボガドは意外と低糖質な食材なので、よく考えられているな〜!と思いました。 少し薄味でしたが、クリーミーなアボガドソースが魚にマッチしていて美味しかったです。 ほうれん草は ...

続きを読む

2019/3/14

食宅便(16)<低糖質セレクト>牛肉の味噌煮込みとあさりの卵とじ【実食レポート118食目】

今日は、食宅便の低糖質セレクト「牛肉の味噌煮込みとあさりの卵とじ」を食べてみます。 ゆいこどちらのメインも美味しそうなので、食べる前からワクワクします。 今回は、規定の時間温めると全体的に均一に温まっていました! そして、これがメインの「牛肉の味噌煮込み」です! 牛肉が容器いっぱいに入っていて、食べ応え十分です。 細切れのようなお肉でしたが、十分やわらかく、下味がしっかり付いていました。 生姜の風味がきいていて、さっぱり食べられましたが、「味噌煮込み」というネーミングなのに味噌の風味が弱かったのは残念です ...

続きを読む

2019/3/13

食宅便(15)<低糖質セレクト>タラのおろしポン酢と鶏すき【実食レポート117食目】

今日は、食宅便の低糖質セレクト「タラのおろしポン酢と鶏すき」を食べてみます。 ゆいこ食宅便を食べる日がついに…!美味しいと評判の食宅便ですが、本当に美味しいのでしょうか? 規定時間温めると、鶏肉が冷たかったので、プラス20秒温めるとちょうどいい感じに温まりました。 そして・・・これがメインの「タラのおろしポン酢」です! タラは、大きなものが3つも入っています。 トロトロのナスと人参、舞茸など付け合わせも多く、食べ応え十分です。 おろしポン酢もたっぷりかかっていて、さっぱり食べられました。 さらに、2つ目の ...

続きを読む

食宅便サバの胡麻照焼メイン

2019/1/4

食宅便(食卓便)(14)サバの胡麻照焼き【実食レポート71食目】

美味しさ保証、安心の魚メニュー 今日の食宅便は鯖(サバ)の胡麻照焼きです。 ここまで、魚料理はとても安定して美味しく、ハズレがなかったので、今回も楽しみにしていました。 だいすけ冷凍弁当は「魚料理にハズレなし」の法則が成り立つのかもしれませんね! 今日のメニューは、凍ったサバの部分がなかなか温まりきらず、何度か電子レンジ解凍を追加しました。 しかし温めすぎで大きく味が損なわれるようなメニューがなかったのがよかったです。 ハズレのない鉄板メニューは魚! 主役はメインの魚ですが、第二主菜!の鶏肉の水炊き風もあ ...

続きを読む

食宅便魚介の味噌バター風味全体(ななめ)

2019/1/4

食宅便(食卓便)(13)魚介の味噌バター風味【実食レポート70食目】

食宅便を注文するなら魚料理なのか? 今日の食宅便は魚介の味噌バター風味です。 お魚はなんだかんだいってきちんと火が通っていれば、どんな味付けでも美味しく食べられそうで、安心感がありますね。 今日のメニューは、凍った状態でのかたまりが全体に薄めで、食材のどこかがかたよって分厚いということもなく、ほぼ規定の時間で完全に温まってくれました! ハズレのない鉄板メニューは魚! 主役はメインの魚ですが、今日もたんぱく質しっかり、ハズレもなさそうなメニューです。 味噌バターの味付けが、ご飯と合いそうです。 魚介の味噌バ ...

続きを読む

2019/1/4

食宅便(食卓便)(12)治部煮【実食レポート69食目】

安心の和食メニュー「治部煮」でほっこりしたい 今日の食宅便は治部煮です。 お肉と野菜のバランスがよさそうで、結構楽しみにしていました。 これまでと同じく、電子レンジで解凍するのですが・・・ 治部煮のシイタケがまだ冷たく、解凍を追加しました。 うーん、一発でほどよく解凍が終わることがまずないですね。 いろいろな食材をすべて同じ電子レンジの解凍時間で温めること自体が、難しいのかもしれません。 全体が温まってから、ハサミで開封します。 治部煮でほっこりしたい! 主役は治部煮ですが、他の副菜でもメイン並みの食べ応 ...

続きを読む

食宅便の海老グラタンは大人も子供も大満足

2018/12/28

食宅便(食卓便)(11)海老グラタン【実食レポート68食目】

洋食メニュー「海老グラタン」が朝食に登場 今日の食宅便は朝食に出動です。 時短がありがたいのはむしろ夕飯よりも平日の朝かもしれませんね。 そして朝かんたんに済ませがちなところ、朝からしっかり食べるという、本来こうあるべきという食事のとり方。 用意の時間は短いのに、品数はむしろアップ! 今回のメニューは海老グラタンです。 いつもどおりパッケージの右下に穴をあけて電子レンジへ。 パッケージで指定された時間ではグラタンの分厚いところがまだ冷たかったので、加熱を追加しました。 しかしなかなか完全には温まり切りませ ...

続きを読む

食宅便ハッシュドビーフTOP

2018/12/27

食宅便(食卓便)(10)ハッシュドビーフ【実食レポート66食目】

洋食メニュー「ハッシュドビーフ」が夕食に登場 平日の夕飯、帰りが遅くなったので、食宅便を出動させることにしました。 洋食メニューのハッシュドビーフですが、結構楽しみです。 ハッシュドビーフのコクは、どこまで出せるんでしょうか…? 電子レンジで温めます…が、主菜のハッシュドビーフがまだ少し冷たい。 他の副菜が温まりすぎになるのが心配ですが、主菜は美味しく食べたいので、温めの目安は主菜を基準にして、加熱を追加しました。 洋食メニューを中心に5品 パッケージの中のトレイを取り出すと、ハッシュドビーフを中心に5種 ...

続きを読む

食宅便餃子のカニあんかけTOP

2018/12/26

食宅便(食卓便)(9)餃子のカニあんかけ【実食レポート65食目】

食宅便の中華メニューを休日のランチに 休日でしたが、朝は昨日の残り物、昼にちょっとラクをすることにしました。 本日は「餃子のカニあんかけ」です。中華風メニューですね。 パッケージの右下の角をちぎって穴をあけ、電子レンジへ。 電子レンジ500Wで4分とパッケージに書いてありましたが、まだパッケージの底が冷たかったのでさらに20秒ほど追加。 このあたりの加熱具合は、本当に電子レンジの性能(賢さ)や食材との相性次第でしょうか。 袋は手では開けられないのでハサミで開封します。 全5品が中華メニューで統一 中華弁当 ...

続きを読む

食宅便親子煮とブリの照焼きTOP

2018/12/22

食宅便(食卓便)(8)親子煮と鰤(ブリ)の照焼き【実食レポート63食目】

食宅便を夫婦二人で職場のランチとして持参 夫婦それぞれ、自分の職場にランチとして食宅便を持っていくことに。 持っていったのは「親子煮と鰤(ブリ)の照焼きセット」です。 冷凍庫から取り出し、夫は保冷バッグに、妻はそのままビニル袋に入れて持っていきます。 妻の通勤時間は30分以下。真冬なので通勤中に溶けることはありません。 それぞれ出勤したら、すぐに職場の冷凍庫に入れておきます(その日のお昼に食べるのだから、冷蔵庫でもいいですね)。 おかずセットだけでは足らないので、タッパーにご飯も入れていきました。 本当に ...

続きを読む

2018/1/17

食宅便(食卓便)(7)鱈のおろしポン酢【実食レポート13食目】

食宅便の実食レポート、第7回目、今回でひとまず最終回です。そして最後も魚です。3回連続で主菜に魚を取り上げることにします。   目次 冷蔵庫から出してから食べるまでの時間 「鱈のおろしポン酢」実食!味の感想 お勧め度合い ご注文はこちらから    冷蔵庫から出してから食べるまでの時間:4分 毎度書いていますが、食卓便のいいところは冷凍庫からだして、このままレンジで解凍できるところです。お皿出す必要も、ラップかける必要も、食べた後の洗い物もなし! 500ワットなら4分、700ワ ...

続きを読む

2018/1/16

食宅便(食卓便)(6)鮭のホワイトソース【実食レポート12食目】

食宅便の実食レポートの6回目です。7食セットもようやく終盤です。冷凍庫の中がだいぶ減ってきました。本日もお魚メニューです。   目次 冷蔵庫から出してから食べるまでの時間 「鱈の竜田揚げきのこ餡掛け」実食!味の感想 お勧め度合い ご注文はこちらから    冷蔵庫から出してから食べるまでの時間:4分 食宅便のお弁当を食べるのは簡単。冷凍庫から食べたいお弁当を出して、右下の点線部分をハサミで切って、レンジでチンするだけです。500ワットなら4分、700ワットなら3分30秒。袋に入れたまま、 ...

続きを読む

2018/1/7

食宅便(食卓便)(5)鱈の竜田揚げきのこ餡掛け【実食レポート11食目】

食宅便の体験レポの5回目です。平日毎日利用するなら月~金で週5日。食宅便で毎日1食まかなえるのでしょうか? 目次 冷蔵庫から出してから食べるまでの時間 「鱈の竜田揚げきのこ餡掛け」実食!味の感想 お勧め度合い ご注文はこちらから    冷蔵庫から出してから食べるまでの時間:4分 レンジで簡単に解凍できるのはいいところです。 冷凍庫から取り出して、レンジで4分(500ワットの場合。700ワットなら3分30秒)温めるだけ。 因みに冷蔵庫で容器を立てて入れているとおかずがバラバラになっている事があるの ...

続きを読む

2017/12/30

食宅便(食卓便)(4)豚肉のスタミナ炒め【実食レポート10食目】

食宅便の実食の4回目です。1セットで7食分入っているのでやっと折り返し地点です。 目次 冷蔵庫から出してから食べるまでの時間 「豚肉のスタミナ炒め」実食!味の感想 お勧め度合い ご注文はこちらから    冷蔵庫から出してから食べるまでの時間:4分 食宅便のお弁当は冷凍庫から出して袋の右下部分を切れば容器に入ったまま解凍できます。お皿を出さずに食べられる点は後片付けも楽なのでとっても便利です。     「豚肉のスタミナ炒め」実食!味の感想 本日のメニューは 主菜:豚肉のスタミナ ...

続きを読む

2017/12/29

食宅便(食卓便)(3)豚肉と茄子の味噌炒め【実食レポート9食目】

食卓便の3回目の実食レポです。前回まさかのカレーで美味しくない事態が発生したのでもう何も期待しません。食事って生きる楽しみだし、食べる事大好き人間なのですが、食事を苦痛に感じる事があるとは。。。 正直食べたくないですが、冷凍庫の容量もかなりくってるので頑張ります。 目次 冷蔵庫から出してから食べるまでの時間 「豚肉と茄子の味噌炒め」実食!味の感想 お勧め度合い ご注文はこちらから     冷蔵庫から出してから食べるまでの時間:5分 すぐに食べれるという点ではとても楽な宅配おかずです。 全てのおか ...

続きを読む

2017/12/28

食宅便(食卓便)(2)ビーフカレーと魚介の塩味仕立て【実食レポート8食目】

食宅便の2回目のレポです。前回のチキンの赤ワインソテーが全体的に薄味でしたが、カレーはどうでしょうか。どうやっても不味くならないのがカレーだと信じているので、今回は美味しいはず。 目次 冷蔵庫から出してから食べるまでの時間 「ビーフカレーと魚介の塩味仕立て」実食!味の感想 お勧め度合い ご注文はこちらから     冷蔵庫から出して食べるまでの時間:5分 食宅便のいいところはお皿に入れ替えずに解凍して食べられるところですね。 500ワットなら4分、700ワットなら3分30秒で解凍できます。温める前 ...

続きを読む

2017/12/27

食宅便(食卓便)(1)チキンの赤ワインソテー【実食レポート7食目】

今回は食宅便の実食の第1回です。 食宅便は医療施設や福祉施設に食事サービスを提供している日清医療食品が提供する宅配おかずサービスです。もともと医療関係に食事を提供していたことから、カロリーやたんぱく質、塩分などをケアする「ケアシリーズ」が豊富で健康に気を付けたい方にはお勧めの宅配食です。ただ、医療関係の食事と聞くと「味がない」「美味しくない」イメージが強いのも事実です。 そこで、実際の食事を注文して本音で体験レポートを書きます。 目次 冷蔵庫から出してから食べるまでの時間 「チキンの赤ワインソテー」実食! ...

続きを読む

食宅便の利用者の声も集めました。

「食宅便」を使ってからアフター5の自由時間が増えた!

TheVirtualDenise / Pixabay 読者の皆様から寄せられた「宅食サービス利用体験談」をご紹介します。30代・男性・大阪府出身の方から頂戴しました。 一人暮らしの自炊や外食に嫌気が差 ...

毎日の食事が楽しく健康になり手間要らずの食宅便!

Olessya / Pixabay 読者の皆様から寄せられた「宅食サービス利用体験談」をご紹介します。40代・男性・埼玉県出身の方から頂戴しました。 健康面の不安で宅食サービスを始めました 私は子供は ...

「食宅便」と「食卓便」はどちらが正しい?

「しょくたくびん」と入力して普通に変換すると、「食宅便」ではなく「食卓便」と変換されますよね。

そのまま「食卓便」で検索してしまったり・・・。

しんじ
けれど基本的には自宅に届いて使うものなので「食卓」と「しょくたく」を掛けて「食宅便」が正しいですね~。

目的ごとにおすすめサービスを徹底解説!

ゆいこ
自分が「これだ!」と思ったアイコンにタッチしてみてください!
目的ごとに、おすすめのサービスのメリット・デメリットを詳しくご紹介します。
のぞみ

-各社の評判&口コミ
-

Copyright© 食事宅配調査隊 , 2019 All Rights Reserved.