食宅便(食卓便)(9)餃子のカニあんかけを食べてみました!【宅配弁当レポート65食目】

投稿日:2018年12月26日 更新日:

食宅便餃子のカニあんかけTOP

食宅便の中華メニューを休日のランチに

休日でしたが、朝は昨日の残り物、昼にちょっとラクをすることにしました。

本日は「餃子のカニあんかけ」です。中華風メニューですね。

パッケージの右下の角をちぎって穴をあけ、電子レンジへ。

電子レンジ500Wで4分とパッケージに書いてありましたが、まだパッケージの底が冷たかったのでさらに20秒ほど追加。

このあたりの加熱具合は、本当に電子レンジの性能(賢さ)や食材との相性次第でしょうか。

食宅便あんかけ餃子パッケージ

袋は手では開けられないのでハサミで開封します。

食宅便はさみであける

全5品が中華メニューで統一

中華弁当風のメニュー

パッケージの中のトレイを取り出すと、お弁当型のトレーに5種類のおかず。

餃子あんかけ全体

餃子のカニあんかけ
  1. 主菜1:餃子のカニあんかけ
  2. 主菜2:豚肉と卵の中華炒め
  3. 副菜:ささみと蓮根の中華和え
  4. 副菜:ツナとキャベツのカレー和え
  5. 副菜:レッドキドニーの甘煮

中華風といったら本当にすべて中華風のメニューで統一感がありますね。

副菜含め、すべてのメニューにたんぱく質が入っています。

たんぱく質をしっかり摂ろうというのは、食宅便の重要テーマなのでしょうか?

餃子のカニあんかけと豚肉のダブル主役

まず主菜。大きめの餃子が2つに、カニフレークのあんがかかっています。

あんかけ餃子

餃子の中身はお肉ではなく、練りものが入っていました。

原材料ラベルによると魚肉のすり身などのようです。

カニの風味と中華スープが餃子とからみあい、結構食べごたえがあります。

そして今日も主役クラスの副菜がもう一つ。豚肉と卵の中華炒めです。これだけでも主菜になりそう。

豚肉には意外とかさがありました。

豚肉と卵の中華炒め

副菜にもたんぱく質がふんだんに

他の副菜にも、お肉がしっかり入っています。

レンコンと一緒に和えてあるのは、鶏ささみです。

薄切りレンコンはあまり歯ごたえがありませんが、ささみと一緒にムシャムシャとよく噛んで食べると、結構満腹になります。

ささみと蓮根の中華和え

ツナとキャベツのカレー和え。これも・・・主役クラスのボリューム感がありました!

カレー粉を使った味つけがちょうどよく、中華の素の味とは対照的ないいアクセントになっています。

むしろこれを主菜に食べてもいいんじゃないかというぐらい。

ツナキャベツカレー和え

箸休めのお豆さんの甘煮。

解凍されたカレー和えが崩れて、お豆さんエリアにはみ出していました。

食宅便あんかけ餃子レッドキニー

お豆さんは・・・うーん、正直言って、冷たい状態で食べた方が美味しいですよね。

電子レンジで一括解凍の限界かな・・・

中華の統一感と味はOK

今日のおかず全体を見ると、あっさりめの中華弁当という感じでしょうか。

炒め物で出てきそうな副菜が、カロリーを抑えるためなのか、和え物として出てきたから、あっさり感じたのかもしれません。

スープ餃子・豚肉炒め・カレー和えという、どれもボリュームを増やせば主役になれそうなメニューでしたが、食べ終わった後のしつこさは感じず、後味はイメージよりもスッキリです。

中華食べたなぁ…という満足感なのにボリュームはほどほど

中華料理屋で定食を頼むと、満腹にはなりますが、ちょっとお腹に重いですよね。

食宅便の今日の中華メニューは、そういうこってりずっしりな感じがなく食べ終わりました。

中華食べたい、でもカロリー抑えたいという、ある意味相反する欲求を満たしてくれます♪

たんぱく質をしっかり摂れるメニュー

パッケージのラベルにある栄養成分表示をチェックしてみましょう。

食宅便餃子あんかけラベル

今日も注目ポイントはたんぱく質の多さです。

メニューに含まれるたんぱく質は、19.5g!!

食宅便は、やっぱり「たんぱく質おし」なのでしょうか。

カロリーを抑えながらもたんぱく質をしっかりキープするのは、やはり管理栄養士が監修しているからなのだなぁと思います。

※ちなみに食宅便全体で抱えている管理栄養士は9000人もいるそうです。

【今日の栄養データ】
カロリー 277kcal
塩分 2.4g
たんぱく質 19.5g【注目!】
脂質 11.8g
炭水化物 23.0g

食宅便「餃子のカニあんかけ」お味の評価は・・・

味の評価(★5つが満点)
餃子のカニあんかけ ★★★★★
豚肉と卵の中華炒め ★★★★
ささみと蓮根の中華和え ★★★
ツナとキャベツのカレー和え ★★★★★
レッドキドニーの甘煮 ★★★

主菜は2つとも美味しくいただきました。カレー和えは、これが主菜でもよかったんじゃないかと思うぐらい。

甘いお豆さんはホカホカでは食べたくなかったですが、電子レンジで一括解凍なので仕方ないですね…

全体としては、あまりくどくない、あっさりめの中華弁当というかんじでした。

食宅便を使いたい方はまず単発で

食宅便を試してみたい!という方は、いきなり定期コースを申し込むのではなく、まずは自分で好きなメニューを選べる「おこのみセレクト」か、メニューはおまかせの「おまかせコース」を単発で1回だけ注文して、使い勝手を試してみるのがおすすめです。

基本は7食セット。14食分までなら、送料390円の中に収まりますよ!

食宅便を徹底調査!もっと詳しく見る

食宅便は万能選手。
食宅便(食卓便)の口コミ・評判は?実際に食べて分かった感想を写真つきで紹介!

食宅便は自宅まで冷凍弁当を宅配で届けてくれるサービスで、病院・福祉・保育施設への配食シェア1位を誇る日清医療食品が提供しています。 長年にわたって医療施設向けに配食してきただけあって、カロリーや塩分、 ...

目的ごとに食事宅配サービスを徹底解説!

のぞみ
目的ごとに、おすすめのサービスを詳しくご紹介します。
自分の利用内容に合ったアイコンをタッチしてみてくださいね!
ゆいこ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
mealee 編集部

mealee 編集部

mealee 編集部は、自宅での日々の食事を探している方向けに、おすすめの宅配弁当や冷凍弁当、食材宅配の情報を中心に、実食レポート・キャンペーン情報・各種コラム・インタビュー記事などをご紹介しています。

-食宅便の実食レポート
-

Copyright© 食事宅配調査隊 , 2020 All Rights Reserved.