糖尿病の方向け[カロリー制限食][糖質制限食]を一挙紹介

投稿日:2018年5月11日 更新日:

カロリー制限食を自分で作り分けするのは無理

食事宅配・宅配弁当は、糖尿病の方向けの、カロリーや糖質を抑えた制限食がとても充実しています。

ここではおすすめのカロリー制限食(おかずセット)をご紹介します。

のぞみ
電子レンジで約5分解凍するだけで、簡単に食べられるのがポイントです!
糖尿病のための制限食選びのポイント

  • カロリーや糖質がコントロールされているか?
  • 長期の定期便が使いやすいかどうか?(配送面・価格面)
  • 美味しく食べられて、QOLを損なわないか?

のぞみ
カロリーが制限されていれば、それだけでいいというわけではないんです!

糖尿病療養のための美味しいカロリー制限食おすすめTOP3

【糖尿病療養のためのカロリー&糖質制限食TOP3】
第1位 ウェルネスダイニング<カロリー制限>【制限食をおいしく続けるならオススメ】
第2位 ウェルネスダイニング<糖質制限>【おいしく糖質制限をしたい方にオススメ!】
第3位 食宅便<カロリーケア1200/1600>【食事療法を安く続けるならオススメ】

【第1位】ウェルネスダイニング<カロリー制限気配り宅配食>【制限食をおいしく食べたいならオススメ】

カロリー制限

糖尿病向けの制限食でまずオススメなのが、ウェルネスダイニングの<カロリー制限 気配り宅配食>です。

カロリーを240kcal程度に抑え、塩分も2.5g以下に制限しています。

これにご飯茶碗を軽く一杯(約252kcal)を足すと、1食で約500kcalになりますが、カロリー摂取量は、白ご飯の量で調整するといいでしょう。

(1)ウェルネスダイニングはとにかく美味しく食べられる!

のぞみ
各社のたんぱく制限食の中でも、とにかく美味しく食べられるのがウェルネスダイニングです。

塩分を厳しく制限しているにもかかわらず、ウェルネスダイニングは調理方法がすばらしいです。

味が食材に深~く染み込んでいるので、「いかにも減塩されている感じ」がまったくありません。

野菜・副菜が充実した旬の献立に、料理の見た目や色まで考えられた美味しいメニュー。

腎臓病の療養は長期間続きますが、食事で制約を受けるストレスを少しでも軽くするために、食べる楽しみやQOLを最大限に大事にしてくれるのがウェルネスダイニングです。

(2)配送の使い勝手がいい

ウェルネスダイニングは、1回に届けてもらう量を自分で決められます。

ウェルネスダイニングの定期購入

7・14・21食コースを選べるのにくわえて、定期便では送料が半額になり、配達の間隔も自分で決められます。

のぞみ
自分の使いたいペースに合わせて、たとえば「2週間ごとに7食を届ける」「1週間に14食届ける」などということも出来ます。

自分の使うペースに合わなければ注文の休止(スキップ)も簡単です。

(3)長期利用をサポートする割引サービス

ウェルネスダイニングは、7食よりも14食、14食よりも21食コースと、大量に注文するほど割引率が大きく、お買い得になっています。

ウェルネスダイニングたんぱく制限コースの価格設定(税込)
注文 1食あたり
税込価格
(初回 送料無料)
定期1食あたり
税込価格
(送料込み)
7食 741円 794円
14食 725円 752円
21食 715円 732円

食事療法は1週間や2週間で終わるような短期的なとりくみではなく、長期にわたって、粘り強く続けるものです。

送料の節約にもなるので、もし冷凍庫に余裕があるなら、「配達間隔を広めで14食コース」を狙ってみるのもいいでしょう。

特に初回は送料無料なので、そのメリットを最大限に受けるためにも、積極的に14食を検討していきたいですね。

のぞみ
ちなみにウェルネスダイニング14食分を冷凍庫に収納すると、こんなかんじになります。

ウェルネスダイニング14食収納

【ウェルネスダイニング<カロリー制限 気配り宅配食>制限内容】
カロリー 240kcal(±10%)
塩分 2.5g以下
のぞみ
ウェルネスダイニングのカロリー制限食の詳細はこちらから見られます!

【カロリー制限 初回送料無料】

【第2位】ウェルネスダイニング<糖質制限>【おいしく糖質制限に取り組みたい方にオススメ】

同じくウェルネスダイニングの「糖質制限 気配り宅配食」コースは、糖質の量を制限したコースです。(糖質=炭水化物から食物繊維を除いた部分)

しんじ
しかも、糖質だけでなく、カロリーや塩分も厳しく制限されていますね~
ゆいこ
それなのに、食べていて、制限されている感じがしないのがポイントです。
【ウェルネスダイニング<カロリー制限 気配り宅配食>制限内容】
カロリー 240kcal(±10%)
塩分 2.0g以下
糖質 15g以下

【糖質制限 初回送料無料】

【第3位】食宅便<カロリーケア1200/1600>【制限食を安く食べたいときにオススメ】

カロリー制限食の中でも価格が安いのが、食宅便の<カロリーケア1200/1600>です。

1日の想定摂取カロリーを1200kcalまたは1600kcalに制限したメニューが7食セットで届きます。

ウェルネスダイニングは送料を入れると1食700円中盤~後半ですが、食宅便のカロリーケアは、同じく送料を入れても1食あたり約675円です。

その都度注文するスポット注文も、定期的に届く「らくらく定期便」にも対応します。

味については、やはり減塩されている感じはまったくなく、普通に美味しく食べられます。

とはいえ、お弁当1食の美味しさだけを比べると、ウェルネスダイニングと食宅便は、価格の差がそのまま味の差となって現れている感はあります。

のぞみ
味が濃いのは食宅便、うまみがあるのはウェルネスダイニング…というかんじです。

食宅便カロリーケア1200

1食あたりの想定カロリーを約400kcal以下に抑えた低カロリーメニューです。

※ご飯100g(こども茶碗1杯)とおかずの合計

食宅便カロリーケア1600

1食あたりの想定カロリーを約530kcal以下に抑えた低カロリーメニューです。

※ご飯150g(茶碗普通盛り)とおかずの合計


迷ったらウェルネスダイニングの「カロリー制限 気配り宅配食」を!

カロリー制限食のいちばんの目的は、もちろん摂取カロリーを一定レベル以下に抑えることです。

とはいえ、たとえ制限食でも「美味しい」というのはとても大事なポイントです。

のぞみ
食事を美味しく食べられるというのは、QOLに直結しています。

厚生労働省の2016年「国民健康・栄養調査」によれば、日本では糖尿病で通院中の患者と、糖尿病が強く疑われる「糖尿病予備群」を合わせると、約1,000万人にものぼります。

高血圧などと並んで、もはやほとんど国民病といってもいいかもしれません。

糖尿病の治療・療養のためには、とても息の長い取り組みと、周りからのサポートも必要です。

といっても、現実に考えて、病気の家族一人だけのために、「カロリーを制限し、必要な栄養はしっかり摂れる理想的な食事」を毎日毎食のように家庭の中で作り分けるというのは、まったく現実的ではありません。

そんな中、ウェルネスダイニングの食事セットなら、無理せず美味しく長く、カロリー制限食を続けられます。

宅配で始めるカロリー制限食
  1. 初回送料無料の特典を生かして、ウェルネスダイニングの14食セットを1回だけ注文
  2. カロリー制限食の感触がわかったら、ウェルネスダイニングを軸に定期便を開始
  3. 食べるペースを見ながら、配達の休止(スキップ)も活用しつつ制限食を続ける
  4. ときどき安価な食宅便も選び、食べ飽きないようにする
のぞみ
このような流れで始めれば、カロリー制限の治療も長く続けられます!

ウェルネスダイニングのカロリー制限コースの詳細は、こちらからご覧ください。

目的ごとにおすすめサービスを徹底解説!

ゆいこ
自分が「これだ!」と思ったアイコンにタッチしてみてください!
目的ごとに、おすすめのサービスのメリット・デメリットを詳しくご紹介します。
のぞみ

-宅配弁当・宅食ランキング
-, , ,

Copyright© 食事宅配調査隊 , 2019 All Rights Reserved.