成城石井レンジアップ惣菜「生から惣菜」を実際に食べたレビュー・感想

投稿日:2019年2月25日 更新日:

レンジアップ惣菜「生から惣菜」シリーズを求めて成城石井の店舗へ

スーパーマーケット成城石井は、直輸入ワイン、チーズ、自家製惣菜、生鮮食品、輸入菓子など、日本だけでなく海外各地から取り寄せた、選りすぐりの食品をそろえていることで有名です。

だいすけ
ちょっといいものを置いている良質な高級スーパーというイメージですね。

その成城石井が、食品・お弁当トレー製造メーカー最大手のエフピコ社と組んで販売しているのが「レンジアップ惣菜」の「生から惣菜」シリーズです。

特殊な高性能プラスチック容器の中に入っている肉や野菜など生の食材を、容器に入れたまま電子レンジで加熱調理すると、ほどよい感じで仕上がるというお惣菜セットです。

だいすけ
調理済みのおかずセットを解凍・温めなおすのではなく、生の状態のお惣菜を「調理する」というわけですね!
ゆいこ
でも、ルクエとかのシリコンスチーマーに肉や野菜をセットして温めると、お肉が重なったところとか、赤身のままだったりしますよね?加熱にムラが出来るというか…。それで取り出してかき回したり並べ直すうちに、ぐちゃぐちゃになったりしませんか?
しんじ
あと、プラスチックをそんなに長い時間電子レンジに入れたら、変形したり溶けたりしないかなぁ~?

これまでたくさん実食してきた食事宅配のように、冷凍弁当の解凍や、冷蔵おかずセットの温めなおしならまだしも、生の状態から、本当に電子レンジだけでうまく調理できるのでしょうか?

そこで…実際に成城石井で買って試してみました!

新宿ルミネ1の成城石井に行ってみますが・・・

うーん冷蔵食品コーナーはこのへんかな?

特に「生から惣菜」という名前は見当たらないですね・・・

普通にレンジで温める調理済みのお惣菜ならあるけれど・・・

お店の方に聞いてみると、取り扱っているお店と取り扱っていないお店があるとのことでした。

どちらかというと、郊外の大型店舗の方が、売り場スペースを広くとって販売しているとのこと。(東京なら府中や調布など)

とはいえ、六本木のようなビジネス街の店舗でも、お昼のランチとして、オフィスに勤めている方に結構売れているという話でした。

しんじ
都心でのオフィスランチ需要もあるということですね~。オフィスビルはエレベーターの上り下りだけで昼休み時間が削れてしまうからなぁ~…

「生から惣菜」シリーズは成城石井の郊外店メインで取り扱いあるも、オフィスランチにも人気

というわけで成城石井の新宿ルミネ2店に移動して、冷蔵食品コーナーで無事にゲット。

たしかに、トレイの中に生のお肉や野菜がセットされています。

しかしここでも「生から惣菜」という名前は見当たりません。

ちなみに「生から惣菜」という名前は店頭の方もご存じでなく、「レンジアップ惣菜」と呼んでいるとのことでした。

だいすけ
電子レンジだけで完結するお惣菜、ということですね。

自社の高性能容器を利用して企画したのはエフピコ社、中のお惣菜は食品メーカー、そして成城石井ブランドで販売ということのようです。

「生から惣菜」という名称は、他社に売り込むときのB2Bというか営業用の名称かもしれないですね。

ちなみにラベルの製造者には株式会社成城石井と表示されていました。

お値段はメニューのグレードによってちがうようで、いちばんベーシックなメニューは499円+税。

グレードが上がると599円+税。

この2種類でラインナップの大半を占めていました。

ゆいこ
成城石井のイメージと比べると、意外と安いですね…?

冷凍品ではなく冷蔵品なので消費期限は短く、2日程度。

当日消費期限を迎えるものは20%引きで販売されていました。

お店の方によると、やはりお昼用に買われていく方も多く、これだけしっかり野菜の量が摂れるということで人気があるのだそうです。

ボリュームがあるので女性の方などは、ご飯などは買わず、おかずだけでランチする方も珍しくないのだとか。

でも働き盛りの男性の方だと、このおかずだけでは物足りないかもしれませんとのことでした。

希望すれば保冷剤も入れてくれます。

無事に購入して、冷蔵庫へ。

いよいよレンジアップ惣菜の「生から惣菜」実食へ!

冷蔵庫から取り出してラップをはがし、生の食材が入った結構底の深いパッケージを電子レンジの中へ。

電子レンジ500Wで6分半温めると、お肉や野菜のいい香りが漂ってきました。

自分でシリコンスチーマーにお肉や野菜を並べてチンすると、お肉が重なっているところは赤いままで、だからといって再度加熱すると今度は野菜が加熱され過ぎになったりしますが…

はたして成城石井のレンジアップ惣菜「生から惣菜」の出来具合はどんな感じだったのでしょうか?

成城石井 生から惣菜の実食徹底レポートを読む

生から惣菜海鮮系

2019/6/11

成城石井レンジアップ惣菜「生から惣菜」(4)海鮮4種具材とネギの辛味噌温野菜【実食レポート180食目】

今日の実食は、スーパー成城石井の生から惣菜シリーズ「海鮮4種具材とネギの辛味噌温野菜」です。 以前も実食レポートしましたが、今回は海鮮メニューです。 だいすけ海鮮系のご飯を電子レンジだけで食べられるのは、なかなかないので、楽しみですね! スーパーの成城石井では、平積みで大量にワゴン売りされています。 賞味期限が近くなると、10~20%割引になるので、すぐに食べるならむしろねらい目かもしれません。 調理の終わったものを「解凍」するのではなく、調理が終わっていない生の食材に加熱するので、買ってきたときは、この ...

続きを読む

2019/3/1

成城石井レンジアップ惣菜「生から惣菜」(3)銘柄豚のポン酢ジュレ温しゃぶ【実食レポート113食目】

成城石井の生から惣菜シリーズ、郊外店の方が充実しているというので、再び買ってみました。 「和栗豚」のラベルが誇らしげな「銘柄豚のポン酢ジュレ温しゃぶ」です。 だいすけ先日の大山鶏もそうでしたが、普通に銘柄食材が出てくるんですね。さすが成城石井。 豚肉が重なり合っているようですが、こういうのをシリコンスチーマーで蒸すと、お肉同士が重なっているところだけ、加熱されず赤いままだったりするんですよね~。 しかしエフピコ謹製のこのトレイなら、大丈夫なのかも。 電子レンジで規定時間通りで、ホカホカになって完成です。 ...

続きを読む

2019/2/22

成城石井レンジアップ惣菜「生から惣菜」(2)大山鶏と5種野菜のポン酢ジュレ【実食レポート108食目】

成城石井のレンジアップ惣菜「生から惣菜」の第2弾は「大山鶏と5種野菜のポン酢ジュレ」です。 だいすけ鶏肉か…レンジで十分加熱した方がいいですね。少し長めに加熱してみましょう。 規定の時間は500W6分30秒ですが、鶏肉を割りばしで割いてみると、まだ中が少し赤みがかっていたので、少し長めに1分×2回、加熱調理を追加しました。 他のお野菜が温まりすぎにならないか心配ですが…。 だいすけけれど、電子レンジ調理は、鍋で煮るより野菜の栄養価は壊れにくいので、そこは安心です。 パッケージの蓋には「1日の2/3の野菜が ...

続きを読む

2019/2/22

成城石井レンジアップ惣菜「生から惣菜」(1)増量!豚すき焼き風煮【実食レポート107食目】

今日は、スーパー成城石井で売っている、レンジアップ惣菜シリーズ「生から惣菜」をランチに食べてみました! いつもの冷凍弁当ではなく、生のお肉や野菜がセットされていて、電子レンジでチンするだけの簡単調理キットです。 のぞみミールキットのさらに簡略版というかんじです。 「増量!豚すき焼き風煮」というメニューの名前の通り、お肉はかなりボリューミーです! 500ワットで6分半、電子レンジで調理加熱します。 温め終わって電子レンジを開けると、すき焼きのいい香りがただよってきました! 最初はお肉や野菜に火が通っているの ...

続きを読む

日持ちする食事セットが欲しいときは冷凍弁当

ボリューミーな肉・魚とシャキシャキお野菜を電子レンジでお手軽に楽しめる「生から惣菜」。

いかんせんその名の通り生ものなので、日持ちしません。

今日買ったら明後日までには食べないといけませんし、時間がたつほど鮮度はどんどん落ちます。

大量に買いだめしてストック出来ないのがつらいところです。

そんなときは、宅急便でまとめて届いて、冷凍庫にストックできる宅配弁当・冷凍弁当も食卓の選択肢に入れたいですね。

使うときは冷凍庫から取り出して5~6分解凍するだけで1食分のおかずを用意できます!

詳しくは、こちらをご参照ください。

食事宅配・宅食・宅配弁当のおすすめ

目的ごとにおすすめサービスを徹底解説!

ゆいこ
自分が「これだ!」と思ったアイコンにタッチしてみてください!
目的ごとに、おすすめのサービスのメリット・デメリットを詳しくご紹介します。
のぞみ

-各社の評判&口コミ
-

Copyright© 食事宅配調査隊 , 2019 All Rights Reserved.