わんまいる(3)焼きハンバーグセット【実食レポート3食目】

投稿日:2017年12月6日 更新日:

わんまいるの実食レポの3回目です。今日は待望の、みんな大好きハンバーグ!メニューには「焼きハンバーグ」とあるのですが、「煮込み」とか「デミグラス」とかじゃなく「焼き」。あまり聞いたことないのですが、はたしてお味はいかに。

 

冷蔵庫から出してから食べるまでの時間

今回のハンバーグは湯せんの時間が前回の10分よりさらに長く、12分で、冷凍庫から出して食べるまでに20分かかりました。長いですね。

それぞれのおかずの解凍方法と時間

焼きハンバーグ洋風温野菜コールスロー
解凍方法湯せん湯せん流水
解凍時間12分5分

 

準備するもの

  • 小さめのボール(流水解凍用)
  • 小さめのお鍋(湯せん解凍用)
  • 布巾(解凍したパックをふく用)
  • お皿(盛り付け用)
  • トングまたは菜箸(お湯から取り出す際に使用)

作業の手順は
1.お湯を沸かす

2.流水解凍のものは水にさらす→凍ったものを手で持ち続けるのは季節的に辛いので、ボールにつけておいて時々水を変えながら軽くもむと簡単に解凍できます。

3.沸騰したら湯せん解凍のおかずを入れてタイマーをセット

4.今日はご飯ではなく、パンを付けます。こちらもいつも冷凍してストックしています。食べる前にトースターかレンジで数分解凍するだけで食べられますし、傷まないので季節に関係なくお勧めな保存方法です。

5.解凍したおかずをお皿に移します。この際、お皿に水滴が入らないように必ずパックの周りを布巾で拭いてからお皿に移しましょう。解凍時間はそれぞれ違いますので、順番に解凍して盛り付けていきましょう。

 

6.完成!

20分はちょっと長いですよね。おかずを解凍している時間を有効活用してにお茶やご飯(パン)などの準備をして待ちましょう。

「焼きハンバーグセット」実食!味の感想

本日のメニューは

  • 主食:焼きハンバーグ
  • 副菜1:洋風温野菜
  • 副菜2:コールスロー

の3品です。それでは実食開始!

洋風温野菜(カボチャ2、にんじん1、じゃがいも2)

洋風温野菜となっていますが、野菜の種類がでしょうか。原材料表を見てみると若干塩が振ってあるようですが、見た目からは全くわかりません。

まずはカボチャから。カボチャの優しい甘み。ホクホクしています。じゃがいももホクホクですが、正直手抜き感がいなめない。何かしらで和えてあるか、ハンバーグを煮込むハンバーグとかにしてそのタレを絡めて食べたい。

素材の美味しさはあれど、さすがにここまで調理されていないのは納得感がないです。

 

コールスロー

流水解凍系のおかずは少々水っぽいことが多いですね。今回もちょっと水っぽい感じ。入っている野菜はきゅうりとキャベツと水菜。食感がよく、噛むとシャキシャキしています。

 

焼きハンバーグ

がっつりお肉!こちらのハンバーグ、直径8センチメートルで、高さがあるので、見た目よりボリュームたっぷりです。お肉の甘みがあります。

しかし、タイトルどおり本当に焼いただけ!ハンバーグって煮込まれているかソースをかけるのが一般的だと思うので、これはちょっと中途半端に感じてしまいました。お肉の旨味はあるけど…。せっかく美味しいハンバーグ。その分、美味しいソースと一緒に食べたかったです。温野菜に引き続き、ちょっと適当なのではないでしょうか。

 

今回のメニューはおかず3品で506キロカロリーと少々高めなので、カロリーを考慮して全体的に「焼いただけ」「茹でただけ」なのかもしれませんが、少々納得しがたいです。毎回美味しいわんまいるにしてはちょっとがっかりでした。

ただ、ボリュームは今までで一番あり、おなか一杯になるメニューでした。味は期待していただけに残念極まりないです。

 

美味しそうに見える盛り付け方

今回はワンプレートでの美味しそうに見える盛り付け方をご紹介します。食事は目から入るものですので、綺麗に盛り付けることで全体の満足度もアップします。何より綺麗に盛り付ければおかずが冷凍だなんて誰も思いません!

 

1.お皿を準備します。解凍出来た順番に盛り付けていきます。今回は楕円形のお皿に全てを盛り付けますが、もちろん丸いお皿でもOK!

 

2.まずは流水解凍のコールスローを盛り付けます。

コールスローは汁気が多いので小皿に入れてから大皿に乗せます。ワンプレートの場合、メインがお皿の手前側に来るように、小皿に乗せたおかずや、高さがあるおかずはお皿の後ろ側に置くと美味しそうに見えます。

3.次に洋風温野菜とバゲットを盛り付けますが、こちらは汁気が少ないのでそのまま大皿にのせます。

今回はご飯の代わりにバゲットにします。もちろんご飯でもOK!ご飯を盛り付ける際はご飯を丸お結びのように丸めたり、型抜きで型を抜くと全体のバランスが美しく見えますよ。

 

4.そして最後にメインのハンバーグを盛り付けます。

こちらも汁気がないのでお皿にそのままのせます。若干温野菜とくっついても大丈夫です。

これでワンプレートの完成!いかがでしたか?簡単ですが、いつもより美味しそうに見えませんか?時間に余裕がある場合はぜひ美味しそうに見える盛り付けにも拘ってみてください。

お勧め度合い 3.8(最高5)

 

焼きハンバーグ洋風温野菜コールスロー
味の評価3.73.7

今回のメニューに関しては、「今まで食べてきたわんまいるのクオリティーならもっと美味しくできるはず!と」の期待を込めて厳しめの評価で3.8とさせていただきます。

1つ1つのおかずを丁寧な行程で作っているのは分かりますが、最終的な味付けが、途中で調理をやめたような印象を与えられるものでしたのでこの点数とします。

次回のおかずに期待したいと思います。次回は初のお魚メニューで鯖か秋刀魚です。

 

ご注文はこちらから

わんまいるに興味をお持ちの方、ぜひお試しセットをどうぞ。3品のおかずがセットになった「おかずセット」以外に、さまざまなおかずやデザートが一品からでも購入可能です。


わんまいるの詳しい紹介を読む

わんまいるの口コミ・評判は?本当に美味しいのか実食レビュー!老舗料理人が手作りの実力は?

わんまいるの宅配おかず「健幸ディナー」は、合成保存料無添加の安心感と味にこだわった実力派の食事宅配サービスです。 この記事では、わんまいるの気になる口コミ・評判や、おかずの評価、使い勝手に関する疑問に ...

目的ごとにおすすめサービスを徹底解説!

ゆいこ
自分が「これだ!」と思ったアイコンにタッチしてみてください!
目的ごとに、おすすめのサービスのメリット・デメリットを詳しくご紹介します。
のぞみ

-わんまいるの実食レポート
-

© 2020 食事宅配調査隊