わんまいる(17)一品から頼めるお取寄せグルメ!国産牛合い挽き焼きハンバーグ&わらび餅【実食レポート215食目】

投稿日:2019年7月24日 更新日:

全国の厳選素材を社長自ら仕入れるわんまいるは、食事セットだけでなく、おかず単品やデザートも販売しています。

いわゆるお取り寄せグルメですね。

今回はわんまいるのハンバーグと、素朴な和のスイーツわらび餅についてご紹介しま~す。

お肉そのものの風味が生きるわんまいるのハンバーグ

まずハンバーグから。

冷凍食品のハンバーグというと、もう味は決まりきっているというか、安い冷食だと「植物性たんぱく」でカサ増しされていたりして、味はほどほど…というのが定番ですね。

とりあえず腹は膨れるだけっていうかんじ?

じゃあ味自慢のわんまいるだと、どういうハンバーグを提供しているのかは、気になるところです。

ハンバーグの入った真空パックを湯せんして、袋を破ればできあがり!

見た目だけではごく普通のハンバーグ。

お肉そのものを味わいたいので、ソースやケチャップの類は何もかけません。

純粋に、牛合挽き焼きハンバーグとしての実力が知りたい!

これをナイフで切り分けて、親子でシェアしてみましょう。

「切るのわたしやりた~い!ナイフで切るのやりた~い!」

はいはい、じゃあこっち押さえているからウンショウンショして切ってね。

パクッといただきます!

お~肉汁が~口の中で~じょわ~じょわ~と出てきますね。

電子レンジもののハンバーグとはやっぱり味がちがう!

何もソースをかけなくても、お肉そのものの風味を楽しめる!

「冷凍ハンバーグの味」ではなく、ちゃんと「お肉の味」がするんですよ~!!

いつもはハンバーグにケチャップをつけたがる5歳児も、無言で夢中でパクパクパク。

あっという間になくなってしまいました。

子どもの舌は、正直だよね。

ラベルを見ても、植物性たんぱくは使われていません。

ブランデーなんていうのも、使われているんですね~隠し風味的な?

正真正銘のハンバーグ、わんまいるは単品でも手抜きなしです!

わらび餅は中身ぎっしりで食べごたえあり!

続いてデザートのわらび餅です。

食材自体が素朴なだけに、味のごまかしの効かないおやつでもありますが…

蓋を開けて・・・

おお、1個1個が輝きを放っているよ!

パクッと一口食べただけで、ちがいがわかりました。

わらび餅のお餅そのものが、身が詰まっているというか、密度が濃いというか、かみごたえがあるというか、とにかくお腹にたまりそうなかんじです。

わらび餅の上にかかっている黄な粉は甘さ控えめで、ハンバーグと同じく、わらび餅の素材そのものを楽しめる一品でした!

そしてスプーンを台所から持ってきて、容器の中に残っている黄な粉をかき出して食べ始める5歳児。

おい、意地汚いからやめぃ!!

「ぜんぜん甘くない。やっぱいらなーい」

黄な粉にお砂糖がまぶされているわけではなく、甘さはわらび餅だけで出しているので、黄な粉は黄な粉だけで~す。

でも、だからこそ甘さ控えめの上品なお味になってるんですね~。

ちなみにこのわらび餅、三重県伊勢市で「お伊勢茶屋」を営む和菓子屋さんの作でございます。

わんまいるは美味しいお取り寄せグルメも一品から扱っているので、食事セットだけでなく、単品でもどうぞめしあがれ~♪

わんまいるを徹底調査!もっと詳しく見る

わんまいる徹底調査:「美味しい」評判は本当か?日本全国の新鮮素材で老舗の料理人が手作り!

わんまいるは、平成17年、高齢化と国の食糧自給率減少に取り組むために、全国各地域の名産品や特産品を使ったお惣菜などを1品から購入できる宅配サービスとして始まりました。 専属の栄養士が考えた手作りおかず ...

目的ごとにおすすめサービスを徹底解説!

ゆいこ
自分が「これだ!」と思ったアイコンにタッチしてみてください!
目的ごとに、おすすめのサービスのメリット・デメリットを詳しくご紹介します。
のぞみ

-わんまいるの実食レポート, 実食徹底レポ

Copyright© 食事宅配調査隊 , 2019 All Rights Reserved.